骨肉腫になってしまう可能性が高い原因

骨肉腫かな?と思ったら

ドクター

ステージで分かれる症状

骨肉腫が進むと痛みや他の症状が出るようになります。このサインに気付くことができれば、早期回復を見込めるでしょう。遺伝的な部分もあるので、家族に骨肉腫を経験している人がいるなら要注意です。

READ MORE
病院

考えられるいくつかの原因

骨肉腫とは、骨にできるがんのことを指しますがいくつか原因が隠されています。また、水道水や温泉に含まれる成分が関係している可能性もあります。

READ MORE
カウンセリング

骨肉腫の主な症状

子供に多い骨肉腫ですが、早期発見できれば5年生存は可能です。どのようなサインがあるのか分かれば、自分の子供が症状を訴えた時対処ができます。

READ MORE

骨肉腫が発生する原因

病院

遺伝によるもの

骨肉腫は悪性腫瘍の一種ではありますが、何故発症するのかはわかっていません。そのため、これが骨肉腫の元凶だと大きな声で言えないのが現状でしょう。有力説はがん抑制遺伝子の異常です。骨肉腫は、過去に家族が同じ病を発症した時にも起こっており、これが原因なのではと囁かれています。

フッ素が原因

遺伝子もそうですが、海外でよく使われる虫歯予防のフッ素が骨肉腫を広めたのではといわれています。歯への意識が強い米国では、水道の中にフッ素が含まれていることが多く、これが原因で病気を引き起こすという報告書が提出されています。虫歯予防も大切ですが適切な量を使うのが基本です。

生活習慣病が関わっている可能性

骨肉腫に関わらず、がんというのはストレスや生活習慣病からきていることのが大半です。この骨肉腫も、近年は若い人だけではなく中高年の人も患うようになりましたから、食生活や普段のストレスが大いに関係していると考えられています。

温泉も深く関与している

骨肉腫の原因は様々ですが、一説では温泉に含まれるラジウムも骨肉腫を発症させる原因といわれています。そのため、予防を兼ねるなら温泉に入る前に成分をチェックする、水道水にも微量に含まれているなら浄化装置を付けるなどして対策をする必要があるでしょう。

なぜ子供に多いのか

おそらくですが、未熟な骨芽細胞がきちんとできていない骨に増殖すると骨肉腫になって様々な症状を出すようです。また、細胞の増殖をコントロールできないことが腫瘍を作るきっかけになるでしょう。子供の頃はこの部分がまだ未熟なので大人より腫瘍を作りやすいということになります。

骨肉腫はどうやって発見されるの?

激しい運動をした覚えがないのに膝関節や足に痛みが生じた場合は、骨と腹部をCTスキャンしたりMRI検査をしたりして病気のチェックをしていきます。骨スキャンだとより鮮明に映るため骨肉腫を発見しやすくなります。