知っておきたい!骨肉腫の進行のステージと状況

骨肉腫かな?と思ったら

ドクター

ステージで分かれる症状

骨肉腫が進むと痛みや他の症状が出るようになります。このサインに気付くことができれば、早期回復を見込めるでしょう。遺伝的な部分もあるので、家族に骨肉腫を経験している人がいるなら要注意です。

READ MORE
病院

考えられるいくつかの原因

骨肉腫とは、骨にできるがんのことを指しますがいくつか原因が隠されています。また、水道水や温泉に含まれる成分が関係している可能性もあります。

READ MORE
カウンセリング

骨肉腫の主な症状

子供に多い骨肉腫ですが、早期発見できれば5年生存は可能です。どのようなサインがあるのか分かれば、自分の子供が症状を訴えた時対処ができます。

READ MORE

説明会もある

がん治療の研究は今もなお進められており、病院によっては治療に関する説明会を開催しています。家族に骨肉腫を患う人がいるなら参加をして「こんな治療法もあるんだ」と理解しましょう。

完治を目指せる治療法

最も多いのは外科治療

骨肉腫の治療で使われるのが最も代表的な外科治療になります。手術によってできてしまった腫瘍を取り除き、絶対に完治させるのが目的です。一部骨を失うことになりますが、自分の骨で再建可能です。

回転形式術で失った膝を取り戻す

骨肉腫の場合、足で最も腫瘍を作るのが膝関節です。この部分を手術で取り除いてしまうと、膝を曲げることができなくなり生活が困難になります。それを補うためにできたのが、膝関節を再建する回転形成術です。

化学療法で腫瘍を小さく

がん腫瘍の中でも骨肉腫は、化学療法が効きやすいとして有名です。そのため、治療には手術の他に、抗がん剤を使って全身に広がったがん細胞や骨にできた腫瘍を小さくします。手術の前に3.4週間おきの抗がん剤治療をすれば、転移を防ぐことができるでしょう。

中でも効くのが放射線治療

基本、骨肉腫には放射線が効かないといわれていますが術中に照射することでより腫瘍に届くことから補助的な意味で使用されています。根本的な治療がしたい場合に役立つでしょう。

ワクチンが細胞に効く

本来なら外科手術と化学療法で腫瘍を小さくしますが、近年は様々ながん治療に採用されている免疫療法も話題に上っています。ただ、がんだけを攻撃するワクチン療法も流行りつつあり治療に幅が出てきていると感じます。

病気の進行状況

ドクター

症状が少ないステージ1

初期段階の骨肉腫は、悪性度がとても低く骨の中にあるだけでまだ転移はしていません。完全復活のためならこのタイミングで骨肉腫の治療を受けるべきでしょう。骨の中では着実に広がっているので油断は禁物です。

ステージ2もまだ大丈夫

腫瘍の悪性度は低いものの、骨肉腫自体はまだ臓器に広がっていません。ただ、腫瘍の直径は広がるばかりなのでこのままステージが進むと肺や肝臓、腎臓といった具合に徐々に広がっていきます。

ステージ3は骨転移が見られる

最初に発生した部分に再度同じ骨に転移するのが骨肉腫の特徴です。また、同じところへの転移が骨をさらにもろくするため、痛みが生じたり骨折したりなどの症状が出てきます。

進むと肺に転移する

骨だけにあった悪性腫瘍は、ステージが進むごとにリンパ節や他の骨、そして肺へ転移をします。骨肉腫の多くはステージ4になると、肺に転移することがとても多く、肺がん治療と合わせて完治を目指します。

聖俗率が低くなる

骨肉腫を治療する上で一番重要視しているのは5年生存です。しかし、ステージが進むとそれが難しくなるため、後は腫瘍による体の痛みを和らげる治療で何とか延命することになります。そうなる前にステージを確認し、骨肉腫になった時の対策と予防を知る必要があるでしょう。