痛みが続くと大変なのが骨肉腫

骨肉腫かな?と思ったら

ドクター

ステージで分かれる症状

骨肉腫が進むと痛みや他の症状が出るようになります。このサインに気付くことができれば、早期回復を見込めるでしょう。遺伝的な部分もあるので、家族に骨肉腫を経験している人がいるなら要注意です。

READ MORE
病院

考えられるいくつかの原因

骨肉腫とは、骨にできるがんのことを指しますがいくつか原因が隠されています。また、水道水や温泉に含まれる成分が関係している可能性もあります。

READ MORE
カウンセリング

骨肉腫の主な症状

子供に多い骨肉腫ですが、早期発見できれば5年生存は可能です。どのようなサインがあるのか分かれば、自分の子供が症状を訴えた時対処ができます。

READ MORE

骨肉腫の主な症状

カウンセリング

代表的な症状は痛み

ズキズキと膝や足を抱えるくらい傷むのが骨肉腫の特徴です。しかし、初期段階だと骨肉腫とは判別できないほどかすかな痛みなので見落とされがちです。病状が進行すると手足が自由に動かなくなり、ズキズキとした痛みが長い間続きます。

痛いところが熱を持つ

初期段階では深刻な状況ではありませんが、腫瘍が大きくなると痛みが倍になり局部が赤く腫れるようになります。患者によっては貧血と発熱を引き起こすこともあり、大変危険な状況です。熱を持った局部は腫瘍によって骨が破壊された状態なのでこの時に異常を感じ、病院へ駈け込むことが多いです。

筋肉痛のような痛みが続く

運動を何もしていないのに足がダルかったり、筋肉痛のような純痛が続いていたりすると骨肉腫の危険性が一気に高くなります。普通の筋肉痛だと数日したら回復しますが、骨肉腫だと痛みが長期間続きます。

骨折しやすい

初期症状に運動痛がありますが、病状が悪化すると腫瘍が骨まで圧迫し、もろくなります。普通なら転倒くらいのダメージでも骨折はしないものですが、骨肉腫の場合病気によって骨自体がかなり弱くなるため、転んだだけでもダメージが大きくなるのです。