骨肉腫は珍しい病気ではない!病気の基礎知識を知る

骨肉腫かな?と思ったら

ドクター

ステージで分かれる症状

骨肉腫が進むと痛みや他の症状が出るようになります。このサインに気付くことができれば、早期回復を見込めるでしょう。遺伝的な部分もあるので、家族に骨肉腫を経験している人がいるなら要注意です。

READ MORE
病院

考えられるいくつかの原因

骨肉腫とは、骨にできるがんのことを指しますがいくつか原因が隠されています。また、水道水や温泉に含まれる成分が関係している可能性もあります。

READ MORE
カウンセリング

骨肉腫の主な症状

子供に多い骨肉腫ですが、早期発見できれば5年生存は可能です。どのようなサインがあるのか分かれば、自分の子供が症状を訴えた時対処ができます。

READ MORE

代表的な骨の病気

ナース
中高年も増えている 活動する10代から20代の人に多い骨肉腫も、若い人だけの病ではなくなっています。近年は40代から60代の人も骨に腫瘍ができ、骨肉腫と診断されています。放置すると全身にがん細胞がまわる可能性があるため、骨肉腫の症状が出ているなら早めに病院を受診してください。強い気持ちが何よりの治療薬と言えるでしょう。
まれに全身の骨に転移する 骨肉腫は発生しやすい部位というのが存在しますが、稀に全身の骨に転移するケースもあります。ひどい痛みが伴い、ちょっとぶつけただけで骨折する最悪の状態です。こういった場合は、緩和治療が主になるでしょう。
あちこちの臓器に転移する 骨肉腫と気づかず放置すると、他の臓器に転移する可能性があります。転移先が肺だった場合、肺転移と呼んでいます。そのため、1980年以前だと骨肉腫が分かった時点で足などを切断することもありましたが、今は治療環境が整ったため切断することなく全身に広がったがんをやっつけられます。ただ、手術が必要になった時は腕や足をなるべく残して除去手術を行ないます。
確立していない 足や腕を切断するのではなく、化学療法で腫瘍を小さくできますがすべての患者に効くとは限りません。そのため医師と入念に話し合い、他に適切な治療法がないか模索します。手足を残して切断手術をした場合は、人口の骨やヒトの骨で再び蘇らせることができます。

死亡の原因は肺転移

骨肉腫自体は適切な治療をすることで完治が見込めますが、肺に転移すると命が危なくなります。他に転移させないためには、抗がん剤を投与して妨げるしかありません。なるべく骨肉腫に強い病院で治療をしましょう。